筋トレ

【重要】空腹時に筋トレをしてもいいの?判断を間違えると筋トレが無意味に!?仕組みと対策を徹底解説

空腹時には筋トレしてもいいの?判断を間違えると筋トレが無意味に!?仕組みと対策を徹底解説
 
 

お悩みのあなた

  • 空腹の時って筋トレしていいの?
  • なんとなく痩せそうな気がするけど実際のところやっても大丈夫なのかな?

 
 
こんな疑問を解決します。
 
 
本記事の構成

  • 空腹時の筋トレはOK?正解は・・・
  • 筋トレをする時のベストタイミングはこれ
  • すぐにベストタイミングを作り出す裏技

 
 
本記事の信頼性
 
この記事を書いている僕は、2020年時点で筋トレ歴7年目です。筋トレを始めたての頃、僕も同じ疑問を抱えていました。
いろいろな経験をする中で得た知識をしっかり共有するのでぜひ参考にしてみてください。
 
 
読者様への前置きメッセージ
 
この記事を読んでいるあなたは、ある程度筋トレが習慣になってきた頃でしょうか。
 

おそらく、より質の高いトレーニングを行うために、この記事にたどり着いたのではないでしょうか。


 
空腹時の筋トレはOKなのかNGなのかを知っておくと、筋トレのパフォーマンスは1つ上のステージに行きます。
 
 
実はこの問題はそれくらい大切なことです。
 
この記事で仕組みを理解して、次回からの筋トレに役立てましょう。

 
ダイエットや、体を大きくしたいなど、筋トレの目的は様々あると思いますが、間違いなく全員に共通する超重要事項です。
 
 
それでは行きましょう。
 

空腹時の筋トレはOK?正解は・・・

空腹時の筋トレはOK?正解は・・・
 
さて、いきなりですが結論から行きます。
 
ズバリ空腹時の筋トレは・・・
 
NGです。
 
スーパーNGです。
 
では、なぜNGなのか見ていきましょう。
 
※専門的な用語などはなるべく噛み砕いで解説するので、安心してください。
 

NGの理由①:空腹 = エネルギー不足

 
そもそも、筋トレをするには十分なエネルギーが必要になります。
 

筋トレは、無酸素運動と呼ばれるれっきとした運動です。身体を動かすためには、エネルギーがないといけません。


 
主に糖質をエネルギー源としています。

 
人間が空腹を感じているということは、「エネルギーがなくなってるよ!」
 
という体からの合図です。
 
このタイミングで筋トレをしても、エネルギー不足でパフォーマンスが低下してしまいます。
 

せっかく時間を割いて筋トレしているのに、中途半端な追い込みではもったいないですね。


 
しっかりとエネルギーがある状態でトレーニングすることで、大きい負荷にも挑戦できるようになり、パフォーマンスが向上します。
 

NGの理由②:エネルギー不足を補うために筋肉を分解する

 
実は、エネルギーが不足している状態でトレーニングをすると最悪な現象が起きます。
 
それは、『筋肉をエネルギーとして使い始めてしまう』という現象です。
 
エネルギーが枯渇していてもトレーニングを継続しようとすると、身体は内部からエネルギーを使い始めます。
 
その時に、筋肉を分解してエネルギーとして使い始めてしまうのです。
 

長い時間運動を続けるマラソン選手の体つきが細いのはそのためですね。

 

せっかく筋肉をつけるために筋トレしているのに筋肉を分解してしまうのはあまりにも非効率ですよね


 
非効率よりもむしろ、マイナスになりかねません。筋トレをするならこれは絶対に避けないといけません。
 
以上の2点より、空腹時の筋トレは避けないといけないのです。
 

よくある疑問:脂肪はエネルギーにしてくれないの?

 
ここで、糖質がなくなったら脂肪をエネルギーとして使ってくれないの?
 
という疑問が生まれると思います。
 
結論から言うと、脂肪もエネルギーとして使われます。
 
ですが、あまり使われないです。その理由もざっくり説明しますね。
 
 
脂肪がエネルギーとして使われにくい理由

脂肪って実はエネルギーの変換効率がめちゃくちゃいいです。脂は燃えやすいイメージ、あるのではないでしょうか。
 

え?じゃあなんで脂肪を使わないの?

 
と感じると思いますが、人間の体は危機的状況に備えてエネルギーを溜め込むようにできています。
 

そのため、燃焼効率のいい脂肪はできるだけ体に残しておこうとするわけですね。


 
結果的に、ある程度脂肪を燃焼したら、筋肉を分解する段階に移ってしまうというわけです。
 

筋トレをする時のベストタイミングはこれ

筋トレをする時のベストタイミングはこれ
 
空腹時の筋トレがNGの理由がわかったと思います。
 
では、いったいいつ筋トレするのがベストなのでしょうか。
 
それは「食後2〜3時間後」です。
 

食事で摂取したエネルギーは4時間で無くなる

 
食事で摂取したエネルギーは、だいたい4時間で無くなると言われています。
 
なので、空腹ではない食後の2〜3時間後がエネルギーが残っているベストなタイミングです。
 

食後 = 満腹時も避けるべき

 
食事をしたばかりのタイミングでの筋トレもNGです。
 

食後すぐでは、せっかくエネルギーになりうる糖質を摂取しても、消化している段階なのでエネルギーとして変換されません。


 
消化している段階では、エネルギーとして吸収されず意味がないです。

 
また、食べたものを消化している時に筋トレすると、血液が胃に回らなくなって消化不良を起こします。
 
エネルギーとして使えず、消化不良を起こしお腹が痛くなってしまうので避けましょう。
 

すぐにベストタイミングを作り出す裏技

すぐにベストタイミングを作り出す裏技
 
さて、空腹(満腹)時の筋トレはNGで、ベストなタイミングは食後2〜3時間というのがわかったと思います。
 
とはいえ、
 

「んーそのタイミングで筋トレするのは難しいなー」

 
「仕事の兼ね合いで食後に2,3時間も待ってられない・・」

 
という人がいるかもしれません。
 
そんな人は、便利な道具に頼って意図的にベストなタイミングを作り出しましょう。
 

BCAAで擬似的に食後2〜3時間後の状態を作る

 
スケジュールの関係で、食事前に筋トレをしたい時があると思います。
 
そんな時はBCAAを摂取するといいです。
 
 
BCAAについて簡単な解説

BCAAとは、必須アミノ酸と呼ばれるもので、筋トレをするときのエネルギーになってくれます。
 

BCAAは摂取してからだいたい30分くらいで血中濃度が最大になります。


 
なので、筋トレを行う30分前くらいにBCAAを摂取すれば、食事前でも問題なく筋トレできるというわけです。
 
これで筋肉の分解や、パフォーマンスの心配がなくなるというわけですね。

 
より詳しいことについては以下の記事にまとめていますので、もっと気になるという人はぜひ。
 

 

BCAAでおすすめできる商品は2つだけ

 
とはいえ、いきなりBCAAを摂れと言われても、あまりピンとこないと思います。
 
そこで、世の中にあるたくさんBCAA商品の中から特におすすめなものを2つ用意しました。
 
BCAAを摂るならこの商品

  1. :アミノバリュー
  2. :アミノバイタル

 
僕はこれまで色々使ってきましたが、BCAAであればこの2つのうちどちらかさえ買えば問題ないですね。
 

会社として知らない商品や、怪しい会社の商品は紹介していません。また、味として美味しくないものも紹介しません。


 
どっちもめちゃくちゃ有名な商品ですので、気に入った方をお試しください。
 
それではサクッと見ていきましょう。
 

おすすめのBCAA①:アミノバリュー


 
ひとつめはこちら。大塚製薬から発売されているアミノバリューです。
 

アミノバリューという名前自体は聞いたことがあるのではないでしょうか。


 
アミノバリューは美味しく、かつ手軽にBCAAを摂取することができる代表の商品です。
 
自販機なんかでも手軽に購入できるのもポイントが高いです。
 
 
僕が通っているジムに設置してある自販機にも売ってますね。
 
 
自販機などでは180円で売ってます。普通のスポーツドリンクなどとは違い、アミノ酸を摂取できるので少し高めですね。
 

最近、筋トレ初心者でもジムに通う人が増えてきてますが、その方々がよく飲んでいるのを見かけますね。


 
ちなみに、僕もBCAAはこの商品から摂取しています。

 
少しでも筋トレの効率を上げるためにBCAAやプロテインは積極的に摂取している人が多いですね。
 

アミノバリューは顆粒タイプのものや、水に溶かすタイプのものがありますが、個人的にはペットボトルタイプの商品がおすすめです。


 
もちろん、自分にあったものでいいとですよ。僕は粉を溶かすのが手間なのと、水分補給も一緒にできるのでペットボトルタイプのものを摂取しています。
 

買うならAmazonでのまとめ買いがお得


 
180円で買うのは少し高く感じる方にはAmazonでのまとめ買いがお得ですね。
 

24本のまとめ買いだと1本あたり25円お得、24本あたりだと600円のお得です。


 
圧倒的にこっちの方がいいですね。どうせ買うならこっちを買いましょう。
 

購入はこちら(Amazon)

↑ボタンを押すとAmazonの商品ページに飛びすぐに購入できます。

 
一応ですが顆粒タイプや水に溶かすタイプも紹介しておきますね。
 
 
さっと飲む顆粒タイプ


 

購入はこちら(Amazon)

↑ボタンを押すとAmazonの商品ページに飛びすぐに購入できます。

 
 
水に溶かすパウダータイプ


 

購入はこちら(Amazon)

↑ボタンを押すとAmazonの商品ページに飛びすぐに購入できます。

 
画像をみてわかりますが、どの商品も評価高いですね。
 
やっぱりネームバリューがある商品は質が担保されています。
 

おすすめのBCAA②:アミノバイタルプロ


 
続いてはこちら。味の素から出ているアミノバイタルプロです。
 
こちらの商品は、アスリートなどから特に支持されている商品ですね。
 

こちらは顆粒タイプのささっと飲むものですね

 

先ほどのアミノバイタルと違って、すぐに摂取できるのがポイント。


 
公式HPでは以下のように説明されています。
 

 
僕は、学生の頃の部活前によく飲んでいました。
 

この商品を摂取するだけで本当に体の疲労が軽減されるしパフォーマンスが向上しました。


 
僕が所属していたのはハンドボール部という走り回る部活でした。顕著に違いがわかったので愛飲してましたね。

 
この商品もBCAAなので、筋トレなどの前に飲むと同じように疲労感を減らし、筋肉の分解を防いでくれます。
 

結局安いのはAmazon


 
アミノバイタルプロも買うなら結局安いのはアマゾンですね。
 

まとめ買いには、14本からなんと180本まであるようです。


 
とはいえ、いきなり180本買いなんてよほどのお金持ちではないとできないので、まずは14本のまとめ買いでいいと思います。
 
少しでも損したくないという人は180本でどうぞ。
 

購入はこちら(Amazon)

↑ボタンを押すとAmazonの商品ページに飛びすぐに購入できます。

 

まとめ:空腹時の筋トレは筋肉を分解するから絶対NG!時間を調節したいならBCAAを摂取すべし

まとめ:空腹時の筋トレは筋肉を分解するから絶対NG!時間を調節したいならBCAAを摂取すべし
 
今回は、空腹時の筋トレはOKなのか、NGなのかについて話してきました。
 
もう一度言いますが、空腹時の筋トレは絶対にNGです。極力やめましょうね。
 
空腹時の筋トレがNGの理由を復習しておきましょう。
 
 
空腹時の筋トレがNGの理由

  • 空腹は体にエネルギーが足りていない証拠だから
  • エネルギー不足の時は筋肉を分解してエネルギーに変えてしまうから

ですね。
 
筋トレをする目的は人それぞれですが、ボディメイクをしたいことは共通しているはずです。
 
筋トレを日々頑張っているのに、エネルギー不足でトレーニングの質が低くなったり、エネルギーを作るためにせっかく鍛えた筋肉を分解してエネルギーに変えられたら悲しいですよね。
 
なので、空腹中の筋トレは控えましょう。理想は、食後の2〜3時間後です。
 
 
BCAAを摂取すれば擬似的に空腹を避けれる

とはいえ、スケジュール的に食後に筋トレするのが難しい時はBCAAを摂取しましょう。
 

身体の中のアミノ酸濃度を高めることができるので、エネルギー不足を回避できるので問題なく筋トレできます。


 
そして、僕のオススメはアミノバリューとアミノバイタルです。
 
どちらもかなり有名な商品ですので、気になる方をお試しください。
 
僕はどちらかといえばアミノバイタルがオススメです。筋トレ中の水分補給も一緒にできるのがGOOD。

 
商品のページも再度貼っておきますね。
 

 
また、BCAAについてより詳しく知りたいという人は以下のページを読んでみてください。
 

 
それでは、筋トレがんばりましょう。
 
理想の体のために、空腹の筋トレはダメですよ。
 
今回は以上です。
 
V字腹筋で腹筋をバキバキにしよう【1日5分でOKです】

    お悩みのあなた 「V字腹筋のやり方を知りたい。」 「効率的に腹筋を割るトレーニングをトレーニングを知りたい。」     こんな悩みを解決します。 &nb ...

続きを見る

【自宅】筋トレ初心者が買うべきもの10選【でも全部は必要ない】

  お悩みのあなた 「自宅で筋トレを始めようと思うんだけど買った方がいいものは何か知りたいな」 「筋トレしたいけどジムに行くのはちょっと。。。家でも効果のある筋トレをするために準備するものは ...

続きを見る

Contact Form

-筋トレ

Copyright© かわうそのこばなし , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.