社会人

【新卒】大手企業に入社して見えてきた本当のメリットとデメリット


 

お悩みのあなた

  • 大手企業に入社することのメリットデメリットを知りたい。


 
こんな疑問を解決します。
 
 
僕は新卒1年目で、現在はありがたいことに世間でいう大手企業で働かせてもらっています。
 
 
就活をしていた頃は、大きな企業に入社することが正解と思っていました。
 
 
ただ、約1年ほど在籍してみて、一概にそうとは言えなくなったためこの記事を書いています。
 
 
今回は、実際に大手企業で働いてみて見えてきたメリットデメリットについてご紹介します。
 
 
特にデメリットについてみていただけると嬉しいです。
 

なぜ大企業に入りたいと思うのか

なぜ大企業に入りたいと思うのか
 

そもそもなぜ人は大手企業に入社したいと思いうのでしょうか。
 
 
おそらく以下の3つの理由のどれかだと思います。

  1. 見栄を張りたいから
  2. 安定を得たいから
  3. 名前を知っているから

 
 
僕はこんな感じでした。とりあえずこんなことばかり考えてました。
 
 
実際にこれくらいの熱量で就活してる人いるんじゃないでしょうか?
 
 
この考えを持っていた僕が実際に大手企業に入社して感じたメリットとデメリットを紹介します。
 
 

大手企業に入社するメリット

大手企業に入社するメリット
 
 
まずは僕が感じた3つのメリットを紹介します。
 
 

①安定を得ることができる

 
 
まずはやっぱりこれです。
 
 
収入もそれなりにもらえ、しっかり仕事をこなせば残業も少ないです。
 
 
また、しっかりとしたネームバリューや功績があるため、よっぽどのことがない限り業績が傾くことはなく、苦がなく生活を続けていくことができます。
家族も安心してくれるし、世間的地位も確立できます。
 
 
これだけでも大手企業に入社する価値はあるなと思います。

②とにかく充実した福利厚生

 
仕事に精を出してもプライベートが充実していなかったらそれはいい人生とは言えません。
 
 
大手企業はプライベートもしっかり充実するための福利厚生が整っています。
 
 
個人的に一番助かっているのは家賃補助です。
 
 
僕の会社は限度額があるものの、家賃の7割を負担してくれています。
 
 
友人の中には、家賃補助が出ないという会社に勤務してる人もいるので、これはかなりでかいなと思います。
 
 
また、年休もしっかり確保できます。
 
 
もちろん、まだ新人だからということもあると思いますが、働き方改革もあり会社全体が年休取得を推進する傾向にあります。
 
 
こういった福利厚生は大手企業ならではかなと思います。
 
 

③様々な人と触れ合う機会がある

 
自分に合う合わないありますが、たくさんの人と触れ合うことができます。
 
 
同期、上司、常駐の方など様々な方達との出会いがあります。
 
 
いい人も悪い人も、間違いなく自分を成長させてくれます。
 
 
これは綺麗事ではなく、本気で思っています。
 
 
今までの学生生活では、基本的には同年代の人と生きてきたと思いますが、会社は年齢もバラバラ。
 
 
そんな人ばかりの環境だからこそ、関わる人数が多ければ多いほど新しい価値観を知ることができます。
 
 

大手企業に入社するデメリット

大手企業に入社するデメリット
 
 
次は僕が思うデメリットを紹介します。
 
 

①本当にやりたいことができない

 
いい意味で大手企業はいろんなことに手を出してます。
 
 
そのため、どこの部署に配属になるかは基本的に決定権はなく人数が均等になるように配属されます。
 
 
もちろん企業が力を入れたい部署への人数の比重は高くなるかもしれませんが、それでもやりたいことをやれる部署に行けるなんて稀だと思ってます。
 
 
僕も入社前にやりたかったことと全く違うことを今しています。
 
 
志望動機で話すほどの取り組みたい内容だったので、正直結構ショックでした。
 
 
配属ガチャとでも言いますか。このガチャでSSレアを引けるわけではないのが大手企業の良くないこところですね。
 
 

②副業がしにくい環境

 
今自分がブログを始めて特に思うことです。
 
 
多分この先社会でより心地よく生きていくには副業は必須になると思い僕もブログを始めました。
 
 

 
 
大手企業は基本的に副業自体を禁止していることが多いです。
 
 
バレないか心配しながら副業するのは気持ちがいいことでは無いので、大手企業は副業と相性が悪いです。
 
 
また、僕は毎日出勤・退勤し、その前後の隙間時間でブログを書いています。
 
 
それで思うのは、リモートワークが可能な職に就く選択肢を見落としていたなということです。
 
 
リモートワークなら、場所にとらわれずに仕事を行えるので、出勤・退勤を省けるだけでなく、ブログなどの執筆も簡単に行えます。
 
 
大手企業は基本的にリモートワークはないと思います。
 
 
あってもかなり少数では無いでしょうか。
 
 
まあ、しっかりと出勤しながらブログで結果を出している人もいるので、一概には言えませんが、圧倒的に副業がしやすいのは間違い無いと思います。
 
 

③自分の成長が難しい

 
大手の企業では、分業がかなりしっかり行われている分自分の成長が少ないです。
 
 
ホワイト企業と言われる側面にはこういった部分が見えてきます。
 
 
もちろん、今のままサラリーマンで定年まで働くつもりという人にとってはかなり居心地の良い現場ですが、
 
 
転職を考えている人、独立を考えている人、会社を辞めようと思っている人には好ましい環境ではありません。
 
 
仕事をしながらスキルを身につけることが一番コスパがいい働き方だと今は思っています。
 
 
大手企業では、そこまで秀でたスキルを身につけることは難しいので、勉強の時間を仕事の時間とは別に確保しなけれないけないです。
 
 
ブログを書いているという身からしても、本業で得た知識を副業にアウトプットできるという点も魅力的だなと思います。
 
 

 

まとめ:大手企業に入社することが全てはない!自分にあった選択をしよう

まとめ:大手企業に入社することが全てはない!自分にあった選択をしよう
 
 
今回は、大手企業に入社することのメリットとデメリットを紹介してきました。
 
 
大手企業に入社することが全てだと思っている就活生に響けばなと思います。
 
 
もちろん僕の視点からの意見が多いので一概には言えませんが、実際に大手企業で働いている人間の言葉として参考にしていただけたら嬉しいです。
 
 
今回は以上です。

Contact Form

-社会人

Copyright© かわうそのこばなし , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.